画像

乳酸菌は体に良い働きをするのか

ヨーグルトなどに多く含まれている「乳酸菌」は、子供からお年寄りまで年齢に関係なく摂取した方が良いと言われます。
乳酸菌は身体に良いとか、健康に良いなどと言われることもありますが、具体的にはどのようなはたらきをしてくれるものなのでしょうか?
乳酸菌は、ビフィズス菌などの「善玉菌」を増やすことで人間の腸内環境を正常に戻す役割があります。

腸内環境は体質や遺伝的要素も関係するものですが、多くは生活習慣によって左右されるといわれ、乳酸菌を日常的に摂取しておくことで老廃物を効率的に体外へ排出できる体づくりができます。
私たちの腸には100兆個ほどの細菌がおり、これらを総合して「腸内細菌」と呼んでいます。
腸内細菌にはプラスにはたらく善玉菌、マイナスにはたらく悪玉菌の大きく二つに分類され、このうち善玉菌であるビフィズス菌が腸内を酸性に保って病原菌が侵入、繁殖しにくい環境を整えてくれています。

また、乳酸菌が生成する乳酸は大腸の蠕動(ぜんどう)運動を引き起こしてくれるので、便が排出しやすくなります。
便秘に悩む方は牛乳やヨーグルトを摂った方が良いといわれるのは、このためです。
ビフィズス菌が少なくなればウイルスが入りやすくなり、腸の状態が悪化して消化器系統のトラブルに繋がるおそれもあります。

子供のうちは問題なくても、大人になってから生活習慣が変化する人は少なくありませんから、
乳酸菌を積極的に摂取するようにしたいものです。
その他にも、乳酸菌にはコレステロール値を低下させる効果も期待できます。
油ものが好きだったり、食生活が偏りがちな方は特にコレステロール値が上がりやすくなっていますから、飲み物などから乳酸菌を積極的に摂るようにしましょう。
血液の状態が改善されれば血行も促進され、長期的に見ればダイエット効果や免疫力向上なども期待できます。
乳酸菌は子供から大人まで、誰もが健康的な生活を送るために欠かせない存在なのです。