画像

健康の為に1日どのぐらい乳酸菌を取ると良い?

ヨーグルトや味噌、チーズなどといった発酵食品に利用されている乳酸菌は、私たちの身体を健康に保つために欠かせない存在です。
食品から摂取することがもっとも望ましいと言われていますが、一日の摂取量の目安はどれくらいが理想的なのでしょうか。

乳酸菌の摂取量については200gから300g程度を含んだ製品を摂取することが理想的と考えられています。

国の規定によれば、乳酸菌を1mlあたり100万個以上含む乳酸菌飲料
もしくは、1mlあたり乳酸菌を1,000万個以上含む乳製品を摂取することが望ましく、
特に「特定健康栄養食品マーク」が付けられた乳酸菌飲料などは
中に含まれている数、質の両方について信頼性のある製品ですので、表示をチェックして購入されることをおすすめします。
もちろん、高い効果を狙って大量に摂取しても一日、二日程度では効果は得られません。
胃腸の弱い方はお腹を壊したり具合が悪くなる危険もありますから、大量摂取はおすすめできません。

むしろ毎日の生活の中で「これだけは口に入れるようにする」という目標を定めたほうがよほど効率的です。
乳酸菌は酸や熱に弱く、菌自身も寿命を持っているため、腸内で機能する前にそのほとんどが死滅してしまいます。
そのため、腸内環境を整えようと思ったらある程度継続的に、なおかつまとまった数が必要になります。

ヨーグルトなら一日1個を必ず毎日食べるというように、具体的な目標を立てて食事メニューを考えてみても良いかもしれません。
体内には100種類以上とも言われる細菌が、およそ100兆個棲んでいると言われています。
それらの中には悪玉菌のように悪さをする菌もたくさんおり、善玉菌の勢力を多くして体内を正常化するためには常にまとまった数の乳酸菌を摂取しておくことが必要です。
一度にたくさん飲んでそれで終わりというわけではなく、常に変化し続ける身体を守るためには継続的に摂取することが大切です。