画像

乳酸菌は免疫力を上げてくれる?

ヨーグルトなどに多く含まれる「乳酸菌」は、便通や老廃物の排出などといったお腹の調子を整える効果がありますが、近年に入り免疫力アップ効果や感染症予防にも役立つということが分かっています。
特に感染症については寒い時期の流感やインフルエンザなどが挙げられますが、免疫力を上げることでウイルスにやられにくい身体づくりができます。
乳酸菌は発見されているだけでもおよそ350種類が存在し、形、棲息場所、大きななどさまざまです。

多くは腸内に入って悪玉菌を退治し、腸が正常に機能するよう免疫力を上げるはたらきを持っています。
人間にはもともと「ナチュラルキラー細胞」という自然的な免疫細胞が備わっていますが、放置していればナチュラルキラー細胞は力を発揮することはできません。
ここで乳酸菌をプラスすることではじめてナチュラルキラー細胞が活性化され、ウイルスを除去せよという命令が出て、免疫機能がはたらきます。

乳酸菌を摂取する時はオリゴ糖のような「乳酸菌の動力源」も一緒に摂取してあげると良いとされています。
菌も生きている生物ですから、何かしらの食事が得られなければ死んでいってしまいます。
そこで、菌を長生きさせたくさん活動して貰うためにオリゴ糖が役に立つというわけです。

使われる乳酸菌によっては、胃酸で分解されず「生きたまま」腸に到達して機能させることができます。
通常乳酸菌は胃酸で分解され死んでしまいますが、死んでからでも腸内では善玉菌の動力源となるため、プラスにはたらきます。
しかし生きて届けば善玉菌の活動をそのままサポートできるので、さらに効率的です。

ヨーグルトは乳酸菌の他にカルシウムも摂取できる食品ですが、最近ではビタミンと乳酸菌を組み合わせた製品も登場しています。
カルシウムは身体の基礎を作るのに必要な栄養素ですからお子さんやお年寄りに適していますが、ビタミンは逆に食生活が乱れがちな10代から50代の方におすすめです。
その時の気分や目的に合わせて、いろいろな製品を試してみても良いかもしれませんね。