画像

妊娠中に乳酸菌を摂取しても大丈夫?

CMでもおなじみの「乳酸菌」は、身体の中で糖を分解して乳酸を生成し、
腸内環境を整えたり免疫力の向上を図る細菌の総称です。

350種類以上ともいわれる菌が乳酸菌として発見されており、
それぞれ乳酸菌飲料などの飲料、チーズやヨーグルトなどの発酵食品などに使用されています。

子供から大人まで幅広い年齢層に摂取が必要と言われますが、妊娠中のお母さんが摂取することは安全性に問題はないのでしょうか?

乳酸菌は菌そのもので、しかも身体にプラスのはたらきをしてくれるものですので、
妊娠中の女性でも問題はありません。
ただしサプリメントなど人工的な製品より、食品から無理なく自然に摂取することが理想的であるといわれています。
また摂りすぎるとお腹の具合が悪くなる可能性もありますから、過剰摂取には注意が必要です。

また、妊婦さんが乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてあげると、赤ちゃんのアレルギー対策やアトピー対策にもなると言われています。
飲料にも多く含まれているビフィズス菌などは特に積極的に摂取すると良いといわれ、
お母さんが免疫力をつければつけるほど、赤ちゃん自身も腸内環境で免疫機能が正常に保たれるのだそうです。
すでに妊娠中のお母さんについては、便秘かもしれないと思った時はぜひ乳酸菌を使った食品を口にして、自分自身そして赤ちゃん自身の腸内環境を正常化してあげましょう。

特に最近注目されている「生きた乳酸菌」は、赤ちゃんの免疫力をアップさせるために重要な菌と考えられています。
通常は胃の中で胃酸にさらされて死滅してしまったり、腸内に入っても寿命が来て死んでしまうことが多いのですが、生きた状態で腸に届けば即戦力となって働いてくれます。
乳酸菌飲料やサプリメントなど、さまざまな製品に「生きた乳酸菌」を使った製品が登場していますから、事前に必ず医師と相談したうえで、これらを摂取すると良いでしょう。