画像

乳酸菌を多く含む商品

インフルエンザなど恐ろしい病原菌や、夏場の食中毒などから身を守る方法の一つとして「免疫力を上げる」という方法があります。
免疫力を上げるには、身体全体の免疫力の7割を占める腸内環境を整えることがまず必要になります。
腸内環境は人間の目には見えない部分ですから、何もせず放置しているとどんどん悪化してしまいます。

腸内環境が悪くなるとカゼをひきやすくなりますし、人によっては老化が促進され見た目がぐっと老け込んでしまう方もいらっしゃいます。
日常的にできる腸内環境対策としては乳酸菌を摂取する方法がもっとも手軽ですが、
今回は特に乳酸菌が多く含まれている食品について紹介したいと思います。

・ヨーグルト
朝食の定番であり、ご長寿が多いといわれるブルガリアでも毎日のように食べられている食品です。
最近では生きて腸に届く植物性乳酸菌を含んだヨーグルトも登場し、ますます注目が集まっています。

・チーズ
欧米を中心に消費されている加工食品の代名詞です。
チーズにも乳酸菌が含まれており、特に加熱処理を加えていないナチュラルチーズがおすすめです。

・味噌
日本固有の加工食品であり、私達日本人にはもっともなじみ深い食品です。
朝食にヨーグルトやチーズが合わない方は味噌汁を一杯飲むだけでも、乳酸菌を腸内に補うことができます。

・漬物
和食の定番である漬物も、乳酸発酵させたものであれば乳酸菌が含まれています。
含まれている漬物は風味がまろやかで食べやすいので、こちらも味噌汁と合わせて朝食のメニューに加えておきたい一品です。

・飲料
乳酸発酵を利用した飲料にも乳酸菌が含まれています。
ビールやワイン、日本酒など晩酌の定番となるお酒には含んでいるものがあり、
ベルギービールの中には乳酸菌を使って作られる銘柄があります。

また、最近発見された「SBL88」という乳酸菌は大腸細胞の傷んだ部分を保護して腸の免疫機能を高めてくれるものとして注目されています。