画像

乳酸菌を豊富に摂取できるレシピ

乳酸菌はヨーグルトやチーズに含まれる細菌で、整腸作用や免疫力アップを図ってくれる菌類の総称です。
人間の腸内にはもともと100種類程度の細菌が棲んでいますが、このうち老化や便秘をひきおこす悪玉菌を退治し、彼らの上に立つことができるものが乳酸菌です。
乳酸菌といえば飲料やヨーグルトにたくさん含まれているイメージがありますが、どこかで一度は乳酸菌の入った製品を口にした方も少なくないことでしょう。

これから健康を目指そうと思った場合、まずは身体を鍛える前にお腹の調子から整えていくことが先決です。
人間の体内に存在する免疫機能の7割程度はすべて腸に集まっているため、ここをきれいにすることが健康への近道なのです。
では、実際に乳酸菌を効果的に摂取する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

一番簡単な方法は乳酸菌製品をそのまま摂取することですが、ヨーグルトと乳酸菌飲料どちらか片方ではなく、それらを組み合わせてヨーグルトドリンクを作ってみましょう。
プレーンタイプのヨーグルトを1個用意し、オレンジジュースやジャム、はちみつなどを組み合わせてボウルに入れて混ぜるだけで出来上がります。
夏場は氷を入れてミキサーにかけるだけでひんやりとしたヨーグルトドリンクができあがります。

また、乳酸菌飲料で味付けをしてあげても美味しくなるでしょう。
ヨーグルトドリンクの作り方のポイントは、プレーンタイプのヨーグルトを利用するということ、さらに可能であれば乳酸菌(特にビフィズス菌)が好んで食べるといわれている「オリゴ糖」を配合してあげることです。
オリゴ糖は幼児でも口にすることができる身体にやさしい甘味料で、特定保健用食品としても利用されています。
砂糖を使うよりもずっとヘルシーで、しかも善玉菌の活動の元になるので、効率的に腸内環境を正常化することができます。
ヨーグルトを使ったスイーツを作る時は、ぜひ味つけにオリゴ糖を組み合わせてみて下さい。