画像

乳酸菌を取りすぎてお腹を下さない?

乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に存在する複数の菌の総称で、腸内環境の改善や整腸作用、コレステロール値の低下をもたらすなど様々な効果が期待できます。
言うまでもなく便秘解消や吹き出物の予防にも効果があるということで、美容のために毎日欠かさず摂取している方もいることでしょう。
ところで、乳酸菌が身体に良いということでつい大量に摂取してしまった場合はどうなるのでしょうか?

乳酸菌は菌類なので、薬のように強い副作用をもたらすものではありません。
ヨーグルトが美味しく感じられてつい2個、3個と食べ過ぎてしまっても、ほとんどは胃酸によって分解されてしまうため、あまり大きな問題はありません。
しかし、人によっては乳製品全般でお腹を壊しやすかったり、乳酸菌の影響を受けやすい方もいるようですので、過剰摂取にはやはり注意が必要です。

人によってはお腹が緩い状態が何日も続いたり、便が出にくくなるといったトラブルも報告されているようですが、便から酸っぱいようなにおいがした時は乳酸菌が効いている証拠ですので、万が一乳酸菌を過剰摂取して何らかのトラブルがみられる時は、においを判断材料としても良いかもしれません。
私たちの腸にはもともと善玉菌と呼ばれる良い菌が棲んでいます。
悪玉菌と呼ばれる悪い菌と戦ったり、ウイルスが侵入しにくい環境に整えるなどしてさまざまな仕事を担っています。

ここでヨーグルトや発酵食品を摂取して乳酸菌をプラスしてあげれば、さらに腸内環境は理想的な状態に変化していきます。
ただし、すでに腸の状態が正常であったり、逆に過敏症である方の場合は乳酸菌のパワーがお腹の不調として現れることもありますから、大量摂取はせず一日の必要量をきちんと守るようにしましょう。
また、ヨーグルトや味噌、しょうゆなどの発酵食品は甘味や塩味などの調味が加えられています。
乳酸菌をたくさん摂ろうとしてこれらの食品を過剰摂取すると、腸内環境の正常化以前に血液や体内の臓器に悪影響を与えますので、バランスを見ながらの摂取が必要です。