画像

ヨーグルト1つに乳酸菌はどのぐらい含まれてる?

ヨーグルトは牛乳やヤギ乳などのミルクに乳酸菌を加え、発酵させて作られる食品です。
ヨーロッパや中近東を発祥とする食品ですが、日本でも朝食におなじみのメニューとして広く取り入れられています。
ヨーグルトにはたくさんの「乳酸菌」が含まれていますが、乳酸菌は乳酸を発生させ腸内環境を整えてくれる菌の総称です。

ヨーグルト1ml内に含まれる乳酸菌の数は1,000万以上とも言われており、これらがウイルスや病原菌が棲みつきにくい環境に改善してくれるため、ほんの少量口に入れるだけでも身体にとっては非常にメリットの大きなものとなります。
そしてヨーグルトに使われている乳酸菌には、ビフィズス菌、ガセリ菌、アシドフィルス菌、サーモフィルス菌、ブルガリクス菌などさまざまな種類が存在しています。
乳酸菌というと一種類の菌を指していると誤解されがちですが、実は複数の菌をまとめたものを乳酸菌として呼称しており、発酵に使う菌をいろいろと組み合わせることによって味わいやコク、なめらかさなどが変化します。

ビフィズス菌は人間の腸内に元々存在する菌ですが、さらに「定住性」を持ったガセリ菌などの菌が近年では有効な菌として注目されています。
ヨーグルトはそれ自体が乳酸菌の宝庫であり、さらにビタミンやカルシウムなど体作りに欠かせない栄養素が多数含まれています。
子供の健康な成長を応援してくれるだけでなく、学生さん、社会人、さらには中高年層からお年寄りまで年齢に関係なく腸内環境を改善し、吹き出物などの肌トラブルの予防や全身の代謝、免疫力向上にも貢献してくれます。

女性にとっては毎日の美肌作りにも役立つ食品です。
日本にも味噌やしょうゆなどの独自の発酵食品が存在していますが、カルシウムやビタミンなどをバランス良く摂れる食品といえばやはりヨーグルトが一番です。
塩分の過剰摂取の心配もなく、1000万個以上の乳酸菌をコンスタントに摂取することができます。